父母の方々へ

現在、アメリカンフットボール(アメフト)の競技人口は約2万人であり、アメフトを題材としたマンガなどの影響で高校生を中心に競技人口は増加傾向にあります。また、2015年に行われた世界選手権では準優勝するなど、世界レベルで結果を残しているスポーツでもあります。

コンタクトスポーツであり、怪我の心配をなさる方もおられると思います。弊部では学生トレーナー及びプロトレーナーが選手を普段の生活から、怪我の予防までサポートします。また、万一の怪我の際はドクターの迅速な診断と治療を受け、トレーナーの管理の下適切なリハビリを行える体制を整えております。
弊部では、学生主体で部活動に取り組むことが重要であると考えており、社会人の方々のサポートの下、プレーの作戦立案や会計、父母会の運営、広報活動といった組織運営など、可能なものは全て学生が行っております。

勉学につきましても、部活動との両立を第一に考えており、練習よりも必要な授業に出席することを優先させております。

また、弊部は地域貢献活動の一環として地元の小学校に出向きフラッグフットボールの授業支援を行っており、2015年度は地元の豊中市教育委員会より感謝状をいただいております。

このような環境の下で過ごす4年間は人間的成長を促し、社会に出た際、さまざまな場面で活かすことが出来ます。