GameReport <観戦記>〜軌跡〜

2018年05月19日(土)同志社大学戦 @同志社大学グラウンド

2018年春シーズン第3戦。一部昇格を果たすための壁となるであろう同志社大学との一戦。

1Q
阪大のキックで試合開始。1stシリーズ阪大D#は一度フレッシュを許すも2回生DL#40烏谷拓真と4回生LB#8田中豪が同志社大QBにプレッシャーをかけ、投げ捨てさせて攻守交代。続く阪大O#は攻めあぐねなかなかゲインができない。しかし阪大D#の粘り強いディフェンスにより同志社大に点を許さず1Q終了。

2Q
同志社大O#で試合再開。1プレー目同志社大O#はFGを選択し、成功。3-0とリードを許してしまう。ここで反撃したい阪大O#であったが2回生RB#21和田直也のRunと2回生WR#87柴山翔へのPassはいずれもノーゲイン。なかなか流れが掴めないまま同志社大O#にこの日2本目のFGを決められ、6-0とリードを広げられてしまう。だがしかし、2Q残り数分のところで転機が訪れる。同志社大のパントを3回生DB#2塚部聡太がナイスブロックし、敵陣深くで攻撃権を手に入れた。が、ここでもO#が機能せず4th downで選択したFGも外してしまい、点に結びつけることができずに前半終了。

3Q
同志社大のキックオフで試合再開。なんとか点を取りたい阪大O#であったがここも攻めあぐね、攻撃権を同志社大に渡してしまう。このシリーズに今まで粘っていた阪大D#も崩れ、同志社大にTDを許してしまいTFPも決められて13-0。先ほどのTDの雪辱を晴らすべく次のシリーズ阪大D#が奮闘。2回生DB#1寺田陸斗と4回生DB#7浅野航輝が続けざまにナイスタックルをして同志社大O#にゲインを許さない。しかし奮闘空しく、次のシリーズでTDとTFPを許し20-0。ここで3Q終了。

4Q
同志社大O#で試合再開。1プレー目にDL#40烏谷がQBサックを決め、その後も阪大D#はフレッシュを許さず流れを引き寄せる。なんとかここで流れを掴みたい阪大O#は3回生QB#6渡辺建のタックルを受けても前に進み続ける熱いRunでゲインし、続く3回生RB#24坂本晴輝のRunでフレッシュ。そしてTE#89池田宗史へのPassでさらにフレッシュ。WR#15小林大樹はPassを受け同志社大D#のタックルを一枚かわし、ゲインを重ねる。ここで一矢報いたい阪大O#はWR#87柴山にロングパスを投げTDを狙うが、惜しくも不成功。そしてそのまま試合終了20-0。

春シーズンの大一番であった試合に大敗してしまったが、俺たちは足を止めてはならない。進み続けなくてはならない。どんな茨の道が待っていようとも。No Pain, No Gain