GameReport <観戦記>〜軌跡〜

2018年10月14日(日)岡山大学戦 @王子スタジアム

秋シーズン第4戦、相手は昨年互いに点の取り合いを繰り広げながらも勝利した岡山大学。阪大は大量得点・完封勝利を掲げ、リベンジに燃える岡山大学に挑む。

 
1Q
岡山大のキックで試合開始。試合開始早々、4回生DB#4浅野が40ydsのビッグリターン、続けて4回生QB#12谷口から1回生WR#4大矢へのロングパスが成功しタッチダウンとなり7−0。しかしその後岡大もランでロングゲインを重ねタッチダウンを獲得。喜びもつかの間、7−7と同点に追いつかれる展開になるが、阪大は着実にゲインを重ね、敵陣20ydsまで攻め込んだところでFGKを選択。4回生K#55木村のFGKが成功しリードを獲得したところで第1Q終了。  

2Q
第2Qでは大量に得点しリードを広げたい阪大。岡大のパントを4回生DB#7浅野が第1Qに引き続き33ydsのビッグリターン。直後にゴールライン前3ydsにおいて4回生QB#12谷口から1回生WR#4大矢へのパスが成功しタッチダウン!点差は17−7、阪大は大幅リードに成功する。しかし、前半残り時間2分で岡大がゲインを重ね、そのままタッチダウンを獲得。17−14で後半を迎えることとなった。

 3Q
阪大のキックにより試合再開。早々から岡大O#がファンブルしたボールをDL#40烏谷がリカバーし、攻撃権を得る。阪大O#は敵陣26yds地点より、QB#12谷口からWR#4大矢へのロングパスが成功し、タッチダウン!TFPも決め、24-14とする。その後もLB#8田中のナイスタックルや、DL#97木村のQBサックにより岡大に点数を与えず、第3Qを終える。

4Q
阪大D#は岡大O#にパスによるロングゲインを許してしまい、タッチダウンを取られてしまう。ここで24-21。阪大D#は先ほどのタッチダウンの雪辱を晴らそうと、DL#40烏谷がQBサックの活躍を見せる。さらに、DB#1寺田のパスインターセプトにより敵陣13ydsからの攻撃権を得る。阪大O#はここでタッチダウンを取りたいところではあったが、攻めあぐね、FGKを選択し、27-21とする。しかし、試合終了まで残り6秒、岡大O#が自陣31ydsからのロングパスを成功させ、タッチダウン。なんとか岡大のTFPを阻止したいところではあったが、TFPも取られてしまう。試合終了間際の劇的展開により、27-28で逆転負けとなってしまった。

残り数秒で逆転を許すという屈辱を味わった阪大。残る3試合は格上の相手。この悔しさをばねにし、番狂わせを起こすことはできるのか。No pain, No gain.