GameReport <観戦記>〜軌跡〜

2017年11月03日(金)近畿大学戦 @王子スタジアム

全勝で迎えた近畿大学戦。Div.1昇格という目標を果たすため、チーム一丸となり勝利を目指す。

1Q
 阪大のキックで試合開始。開始早々オンサイドキックを成功させ攻撃権を獲得する。阪大O#はRB#34林昌宏、QB#12谷口拳太郎を中心に多彩な攻撃で攻めるが得点には至らず。阪大D#はDB#7浅野航輝のタックルなどにより近大のランを封じ込み、0-0のまま1Q終了。

2Q
阪大O#で試合再開。ランを中心に攻めるが振るわず攻守交代。続く阪大D#は近大O#にG前1ydsまで攻め入られるが、DL#73米田一貴、DL#50伊藤直樹を中心に気迫のこもった守りを見せ、このシリーズを無失点で抑える。自陣の奥から始まった阪大O#は必死に攻めるもパントに追い込まれてしまう。2Q終了間際、近大O#に攻め入られTDを許してしまい0-7で2Q終了。

3Q
 KRで迎えた3Q。ランを中心に攻撃を開始する。ギャンブルを成功させるも、パントに追い込まれてしまう。続くD#は自陣深くまで攻め入られるも、DB#7浅野航輝がパスをインターセプトし、このシリーズも無失点で終える。流れを掴んだ阪大は続くO#でWR#18田岡晃を中心にゲインを重ねるも、近大D#にインターセプトを許してしまい突破口が開けないまま0-7で3Q終了。

4Q
阪大D#で試合再開。ランで攻め込まれるがLB#58福岡一晟を中心に気迫のこもったプレーで相手の攻撃をFGにとどめる。続く阪大O#は#34林昌宏のランなどでドライブを進め敵陣に攻め入るも一歩及ばず。阪大D#も近大O#のドライブを止めきれず得点を許してしまう。O#、D#ともに最後まで全力のプレーをするも及ばず、0-33で試合終了。

Div.1昇格は果たすことができず、4勝1敗(Div.2-B 2位)でシーズンを終えた。この雪辱を晴らすのは来期に持ち越しとなった。