GameReport <観戦記>〜軌跡〜

20171015日(日)大阪府立大学戦 @王子スタジアム

前節で2位以上が確定している阪大は、12敗で2部残留へ負けられない府大と対戦。

 

1Q
 阪大O#は自陣深くからWR#82赤松裕亮へのパスでハーフラインまで進むと、RB#34林昌宏のランで独走TD!TFPのキックも成功し先制。しかし直後に阪大D#が止められずTDを許すが、TFPのキックを#7浅野航輝がブロック!7-62Qへ。

 

 

Q

立ち上がり阪大O#は攻めあぐねるも、パントを府大がファンブルし敵陣での攻撃に。このチャンスにRB#34林昌宏が持ち込みTD!TFPのキックも成功し、14-6とする。D#では1回生ながらスタメンのDL#40烏谷拓真が再三の好プレーを見せると、敵陣での好機にRB#34林昌宏が再びランでTD!TFPも成功し21-6で前半を終える。

 

 3Q
府大のキックオフで後半開始。勢いが止まらない阪大O#は敵陣まで攻め込むと、最後はRB#24坂本晴輝がランでTD!TFPも決まり28-6とする。D#も要所でDL#98山本祥平のナイスタックル等でこらえ、このまま4Qへと進む。

 

4Q調子を取り戻した阪大D#は1回生DB#87寺田陸斗のパスカットやLB#58福岡一晟のタックル等で抑えると、このまま点差が動かず試合終了。28-6と危なげなく勝利を手にした。

 

 

こうして大阪大学は2012年ぶりに、全勝で最終節を迎えることとなった。次節は強豪近畿大学とリーグ優勝、そしてDiv.1入れ替え戦をかけての頂上決戦に臨む。

©OSAKA UNIV. AMERICAN FOOTBALL TEAM "TRIDENTS" All right reserved.