GameReport <観戦記>〜軌跡〜

2017年09月16日(土)岡山大学戦 @岡山シティライトスタジアム

Div.1昇格のためには勝利が求められる2017年秋シーズン第2戦を振り返る。

1Q
 阪大のキックで試合開始。岡大#Oはスタートからノーハドルで阪大D#を翻弄したかに見えたが、岡大D#にフォルススタートの反則が出るなど慌ただしい展開に。ここで2回生DB#43二神裕介のロスタックルなどでパントに追い込み、阪大O#へ。阪大O#は初戦に続き好調の4回生RB#34林昌宏のランなどでドライブを進めるが、得点には至らず岡大O#へ。0-0のまま1Q終了。

2Q
岡大O#で試合再開。阪大D#は岡大O#のタッチダウンを許す。TFPの追加点で0-7に。岡大のキックで試合再開。阪大#OはRB#34林昌宏のラン中心にドライブを進めると、3回生QB#12谷口拳太郎が約45ydsを走りきりタッチダウン。TFPも決め7-7とする。阪大のキックで試合再開し、岡大O#へ。阪大D#は4回生LB#58福岡一晟のロスタックルや3回生DB#9黒木大地のパスカットなど上回生の活躍によりゲインを許さず、阪大#Oへ。阪大O#はパスプレイでフレッシュを重ね、QB#12谷口拳太郎のランによる約40ydsのゲインで得点目前とするが、岡大D#のインターセプトに遭う。そのままタッチダウンを許したかに見えたが、2回生OL#77花田響四郎が岡大#Dの反則を受け、タッチダウンには至らず。岡大O#へ。阪大D#は4回生DB#4永田竜馬のパスカット、LB#58福岡一晟のインターセプトなど粘り強さを見せ、7-7で2Qを終える。

3Q
 岡大のキックで試合再開。阪大O#はQB#12谷口拳太郎から4回生WR#80東海正暉へのパスを成功させると、約60ydsを走りきりタッチダウン。TFPも決め14-7とする。阪大のキックで試合再開。岡大O#を阪大D#が抑えこみ阪大O#へ。阪大O#が順調にドライブを進めると、RB#34林昌宏がタッチダウン。TFPも決め21-7とする。阪大のキックで試合再開。ここで岡大O#のタッチダウン、TFPによる追加点を許し21-14とされる。岡大のキックで試合再開。阪大O#がドライブを進める中21-14で3Qが終了。

4Q
阪大O#で試合再開。阪大O#は順調にゲインすると、RB#34林昌宏がこの試合2度目のタッチダウン。TFPも決め28-14とする。阪大のキックで試合再開。阪大D#は岡大#Oにフレッシュを重ねられると、タッチダウンとTFPによる追加点を許し、28-21とされる。さらに岡大はオンサイドキックを成功させ攻撃権を獲得する。しかし、阪大D#は1回生DL#97木村大宏のロスタックル、2回生DB#2塚部聡太のインターセプトで岡大O#の進撃を阻止する。阪大O#は勢いそのままにドライブすると、RB#34林昌宏がこの試合3度目のタッチダウンを決める。TFPの追加点で35-21とする。阪大のキックで試合再開。岡大O#はパスプレイ中心に攻め込むが、阪大D#がこれをしのぎ、試合終了。35-21で勝利した。

 秋シーズン第2戦、チーム全体の一体感が生まれた試合だった。次節は京都産業大学戦。勝利に向かってチーム一丸となって進み続ける。RISE!!