GameReport <観戦記>〜軌跡〜

2016年04月17日(日)大阪市立戦 @EXPO FLASH FIELD

春シーズン初戦、今年もDiv1昇格を目指した戦いが始まった。前日までの予報とは異なり強い日差しの中キックオフ。

1Q
阪大キックオフで試合開始。今年も阪大のキッカーを務めるのは#7山崎、豪快なキックを見せいきなりタッチバック。市大オフェンスのドライブが続くが、#4永田がファンブルしたボールを奪い攻撃権を確保した。

2Q
続く阪大のオフェンス、ラン、パスを使い分けロングドライブを見せる。G前では#22中本のナイスキャリーでタッチダウン!先制点を奪う。

 3Q
3Qでは2回生のDB#26浅野が相手のパスをインターセプトし、自らボールをキャリー!阪大へ攻撃権が移る。しかし、この攻撃権をすぐミスによって相手に奪われてしまう。そのまま悪い流れを断ち切れず、タッチダウンを許してしまう。

4Q
残り時間も少ない中阪大オフェンスは勝ち越しを狙いドライブを行うが、得点を奪えずに試合終了。

春シーズン初戦、結果は引き分けとなった。この結果に満足している部員は一人もおらず、これからの成長が必須である。