GameReport <観戦記>〜軌跡〜

2016年10月29日(土)大阪府立大学戦 @EXPO FLASH FIELD

自力Div.1昇格の可能性はなくなったものの、望みをつなぐためにはこの試合での勝利が最低条件である。リーグ最終戦、2016TRIDENTSの集大成が試される。

1Q
阪大のキックで試合開始。これを阪大K#7山崎丈路がエンドゾーンへ蹴り込みタッチバックとする。直後のディフェンスではきっちりとスリーアンドアウトに抑えたものの、オフェンスのドライブが続かず4th&10。しかしここは阪大P#92鹿田健悟がナイスパントを見せ、大幅に陣地を回復する。さらにこの大阪府立大学の攻撃を阪大D#がまたしてもスリーアンドアウトで止めると、攻撃権を得た阪大はテンポよくゴール前まで攻めこみ、K#7山崎がFGを成功させまずは3点を先制する。その後もDB#9友納壮太の2試合連続となるインターセプトで攻撃権を奪うと、RB#22中本祐太のランで大きくゲインし、続くQB#8高田駿のキープでタッチダウン!リードを10点に広げる。10-0

2Q
阪大D#は何度かゲインを許すものの要所を締め流れを渡さない。代わった阪大O#はQB#8高田からWR#80東海正暉、TE#33中西亮太へのパスなどでじりじりと前進、ゴール前2ヤードまで攻め込むが、ここで痛恨のファンブルロスト!攻撃権を手放してしまう。しかしここで阪大D#にビッグプレー。オープンのランプレーを試みた相手RBをLB#58福岡一晟、DB#2塚部聡太らがエンドゾーン内でロスタックル!セーフティを奪い、2点を獲得する。その後のディフェンスもDL陣が2連続サックを奪うなど大阪府立大学を完全にシャットアウト。阪大ペースのまま前半終了。12-0

 3Q
阪大のレシーブで試合再開。阪大O#はWR#7山崎、WR#18田岡晃へのパスなどで前進すると、QB#8高田からWR#7山崎への華麗なスローバックのパスでタッチダウン!トライフォーポイントもしっかりと決め、19-0とリードを広げる。ここから大阪府立大学オフェンスも意地を見せ、フレックスボーン体型からのオプションプレーでゲインを重ねて一気にゴール前まで攻め込む。しかし起死回生を狙った4th downギャンブルをD#リーダーを務めるLB#35西光涼佑のナイスタックルで封じ、ここは阪大がピンチを凌ぐ。19-0

4Q
攻撃権を得た阪大だがこれを得点には繋げられず攻守交代。すると阪大D#にミスや反則もあって大阪府立大学にロングゲイン、さらにはそのまま粘りきれずタッチダウンを献上してしまう。逃げ切りたい阪大O#はRB#34林昌宏らのランで時間を使いながらじりじりと前進。最後はこのドライブをK#7山崎のFGにつなげ、ダメ押しの追加点を挙げる。最後はTDを狙う大阪府立大学のパスプレーをDL#92鹿田がQBサックで封じ、試合終了。22-7

リーグ戦最終戦を勝利で飾った。なおこの後の第三試合で桃山学院大学が勝利したため、TRIDENTSはBブロック2位となり、入替戦出場はなくなった。これに伴い2016シーズンの全日程が終了、4回生はこれで引退となった。今シーズンも、多大なる応援まことにありがとうございました。