GameReport <観戦記>〜軌跡〜

2016年09月18日(日)大阪体育大学戦 @EXPO FLASH FIELD

緒戦を勝利で飾ったものの、一部昇格のためにTRIDENTSは勝利を重ねなければならない。絶対に負けられない秋シーズン2戦目の模様。

1Q
大体大の後半レシーブ選択により、阪大はO#からの立ち上がり。4回生QB#8高田駿のパスは振るわず、あえなくパント。しかし阪大D#が相手O#を完璧に抑え、フレッシュを許すことなくパントに追い込む。 すると阪大O#、3回生RB#34林昌宏やQB#8高田のラン攻撃により、時間を十分に使いながら敵陣4ydsにまで攻め込む。ここで第1Q終了。0対0。

2Q
1Qで一気に敵陣奥深くまで攻め込んだ阪大O#は、相手の反則を誘発し、そのまま4回生RB#45河村茂哉が押し込みタッチダウン!代わった阪大D#も、4回生DL#92鹿田健悟のロスタックルなどDLが奮起しまたも体大O#を抑え込む。 D#の援護を受けた阪大O#は、QB#8高田の25ydsのラン攻撃など、ランでボールを進め、最後は4回生RB#22中本祐太がタッチダウン。その後両チームとも大きな動きは無く、前半終了。14対0。

 3Q
キックカバーで迎えた第3Q、阪大は1回生DB#2塚部聡太のナイスタックルにより良い位置でD#に。4回生DL#40沢田遼太のナイスタックルなどもあるが、自陣に攻め込まれる。しかしここでDL#92鹿田が85ydsのインターセプトリターンタッチダウン! 続く阪大D#も3回で相手O#をパントに追い込むと、4回生DB#19前川陸がナイスリターンを見せ敵陣目前でオフェンス開始。そして4回生K#7山崎丈路がFGを決め、24対0と相手を突き放す。ここで第3Q終了。

4Q
第4Q、阪大D#は自陣深くまで攻め込まれるも、一体となった動きで相手のO#を食い止めることに成功する。自陣の奥から始まった阪大O#も相手を必死に攻め立てるが、パントに追い込まれる。 代わった阪大D#も攻めの守りをみせ、2回生LB#31田中豪のナイスタックルなどで相手の攻撃を阻む。両チーム思うように攻められず、膠着状態のまま試合終了。24対0。

O#とD#が噛み合い、見事完封勝利した。しかし次戦の相手は桃山学院大学。秋の一つの山場となる相手に向けて更なる成長を遂げ、一部昇格を目指す。Win The Day!!