GameReport <観戦記>〜軌跡〜

2015年11月01日(日)大阪体育大学戦 @王子スタジアム

わずかに残る1部昇格のチャンスを掴むためにも絶対に落とすことのできないリーグ最終戦、相手は強豪の大阪体育大学。今年一年間の集大成ともなるこの一戦にチーム一丸となって戦う。

1Q
阪大のリターンで試合開始。相手ディフェンスのQBサックやパスカットにより、攻守が交替すると、パスで攻め込まれ、FGキックにて得点を許す。その後のキックオフリターンでDB#7八田がナイスリターンを見せるもオフェンスにミスが相次ぎ、得点ならず。その後も相手にファンブルリカバーされるなどして、いやな流れのまま第1Qを終える。0-3。

2Q
なんとか挽回したい第2Q。阪大ディフェンスはランでゲインを許しながらも得点は許さない。ラン、パス織り交ぜながら陣地を回復していった阪大オフェンスであったが、またもやファンブルリカバーにより攻撃権を相手に与えてしまう。懸命に守るディフェンス陣ではあったが、ゴール前でパスを通されタッチダウンを許してしまう。第2Q終了間際には40ydsのFGを狙うが惜しくもバーに当たり得点とはならず0-10で前半を終える。

 3Q
阪大のキックオフで試合再開。直後のディフェンスでDL#73米田がファンブルリカバーを見せ、敵陣8ydsで攻撃権を獲得するとRB#21中津がランでタッチダウン。トライフォーではツーポイントコンバージョンを狙うも失敗に終わり、6-10となる。しかし、続くディフェンスシリーズで相手のゲインを止めることができず、FGを決められてしまい6-13となる。その後も相手の強力なオフェンス陣を相手にDB#7八田のファンブルリカバーなどで耐えしのぎ、6-13で第3Qを終える。

4Q
なんとか逆転したい第4Qであったが、オフェンスでフレッシュを獲得することができず、パスで攻め込んでくる相手にタッチダウンを許してしまい6-20となる。その後、相手陣地に攻め込むも4thダウンギャンブルに失敗し、そのまま追加点を決められ、残り時間2分で6-27となってしまう。チーム全員が逆転を信じて見守る中、WR#88奥出やWR#3西尾へのパスで攻め込み、最後はWR#88奥出へのパスが通りタッチダウン。13-27となる。さらに得点するためオンサイドキックを試みるも失敗に終わり、残り時間をニーダウンで流され試合終了。

リーグ最終戦を勝利で飾ることができず、悔しい結果に終わってしまった。しかし、この悔しさを糧としてさらなる飛躍をすると私たちは誓う。来シーズンこそdiv1昇格を。今シーズンは温かいご声援本当にありがとうございました。