GameReport <観戦記>〜軌跡〜

2014年10月19日(日)岡山大学戦 @王子スタジアム

3勝1敗で迎えた第4節。対する相手は今年から2部に昇格してきた岡山大学。次の大阪教育大学戦にむけて弾みをつけたいTridents。次節に向けて勢いをつけられるか。

 【第1Q】
前半は攻撃からのスタート。3回生RB#28中津慧介のランを中心としたオフェンス。そこに2回生QB#8高田駿から2回生WR#3西尾慎太郎、1回生WR#18田岡晃へのパスが見事に決まりファーストダウンをとるも最初の攻撃はパントとなるがP#23山崎丈路のナイスパントで敵陣3ヤードまで追い込む。続くディフェンスはしっかりと攻撃を3回で終え、好位置でオフェンスにつなぐ。このチャンスをQB 高田のスクランブルで25ヤード獲得すると、RB 中津が14ヤード走りきり先制のタッチダウン!7-0。次のディフェンスはファーストダウンをとられるもその後はしっかり抑え、パント。1Q 終了。7-0。

 【第2Q】
2Q開始早々4回生DL#99川本周がファンブルリカバー。オフェンスへとつなぐ。QB 高田からWR 西尾へロングバスが通り、20ヤード獲得。QB 高田のスクランブルやRB 中津のランでゴール前1ヤードまでくると最後はRB#31沼直樹のダイビングでタッチダウン。14-0。またもやナイスディフェンスですぐにオフェンスがまわってくる。少ないプレーでゴール前10ヤードほどまでくると最後はQB 高田がオプションプレーでエンドゾーンへ走りきりタッチダウン!21-0。その後のキックオフはK山崎がタッチバックとすると3rd-ロングのシチュエーションでパスをLB#46明原功樹がインターセプトしそのままエンドゾーンへ!タッチダウン。28-0。その後は両者決め手を欠き前半終了。28-0。とにかくディフェンスがしっかりと相手のオフェンスをとめてそこをオフェンスが得点するなど攻守がかみあっている。

 【第3Q】
K 山崎のキックオフで試合再開。ここのカバーを#18田岡のナイスタックルで好位置でのディフェンス。2ndダウンでLB#54石原大九のインターセプトで攻守交代。敵陣このチャンスをTridentsがのがすはずがない。敵陣23ヤードからのオフェンス。RB 中津のランでゴール前までくると最後もRB 中津のドロープレーでタッチダウン!35-0。続くディフェンスはゲインを許すもLB#44林翔太郎がQBサック。その後相手の反則もありパントとなるがオフェンスも3&outとなりパント。しかし2回生P#92鹿田健吾がパントしたボールが相手にあたりフリーボールとなったところを#28中津がおさえるビッグプレー!敵陣深くからのオフェンス。2回生RB#22中本祐太が2プレーでタッチダウン!42-0。ここで3Q終了。
 【第4Q】
相手の攻撃をパントとすると、3回生DL#6長畑遼がパントブロック!敵陣深くからの攻撃を最後はRB 中本がタッチダウン!49-0。K山崎がキックオフしたボールはファンブルとなり#44林翔太郎がリカバー。QB#12田中誠人から1回生WR#98赤松佑亮へのパスが成功。9ヤードゲイン。最後はRB 中津がエンドゾーンへ走りこみタッチダウン!キックは外れるものの6点追加し、55-0。その後は相手オフェンスが意地を見せるも試合終了。55-0。 オフェンス、ディフェンス、キッキングすべてが上手く絡んだ試合であったがTridentsの目標はライバル大阪教育大学Dragons。今シーズンを白星でおわることができるか。意地と意地のぶつかり合いだ!