GameReport <観戦記>

2009年11月15日(日)大阪産業大学戦 @EXPO

大産戦

いよいよ迎えたレギュラーシーズン最終戦、大阪産業大学との全勝対決。この試合で勝利したチームは昨年までとは違い、確実に一部との入替戦への切符を手に入れることが出来る。だが大阪大ディフェンスは相次ぐケガによってDBの主力選手が数人出場できない状態にあり、十分な力を発揮できない状況にあった。対する大産大オフェンスはこの秋シーズン試合ではほぼランのみで大阪大オフェンスと同等の得点力を見せている。今の状態の大阪大ディフェンスにとって十分過ぎるな脅威を持つオフェンスであり、試合は点の取り合いとなることは明白であった。

【第1Q】

大産戦

大阪大のKick Offから試合が開始された。カバーチームは#7羽黒の活躍により、大産大Ret#5を自陣18yds地点で抑え込んだ。大産大は7人のラインをフロントに並べランオフェンスを展開していった。やはり度々TB#5がSFまで抜けるような危ない場面も見られたが、フィールド中央でパントへと追い込んだ。対して、強力なOLを有する大阪大オフェンスもQB#11吉田のランプレイを中心として攻め込むが、相手のアジャスト力が上回り5playで大阪大もPuntへと追い込まれた。

大産戦

まずは両ディフェンスに軍配が上がった。だが、次のシリーズから一気に試合展開は早くなっていく。大阪産業大学の攻撃。オープンへ展開したQB#4はRB#5へとピッチフェイクを入れると、これに反応したOLB#50 山倉、CB#28 桧山を一瞬にして置き去りにし68ydsを独走、わずか2プレーで自陣から先制点を決めた。T.F.P.ではDL#97大家が大産大OLを圧倒し中央を突破。#13のKickをブロックして追加点は阻止した。

≪大阪大 0-6 大産大≫

   

続く大阪大オフェンスは、F.G.K.時の大産大の反則とK.O.R.チームの活躍により敵陣内からの攻撃チャンスを得た。その1st プレー、相手のアジャストの裏をかいたFB#29 井上のダイブプレーが当たり、一気に敵陣15ydsまで攻め込んだ。続くプレーでTB#17 森山がエンドゾーンまでオープンを駆け上がり、こちらも2プレーでTDを決めた。

≪大阪大 7-6 大産大≫

大産戦

大阪大は1点のリードを奪った。しかし、すぐさま大産大にリードを奪い返される。LB#50 山倉のロスタックルが決まりPuntまで追い込めるかと思えたが、特殊体型からのQBオープン、カウンターオプションでまたしてもQB#4 に計50yds近くを走られてしまい、TDを奪われてしまった。

≪大阪大 7-13 大産大≫

【第2Q】

大産戦

両チームのオフェンスはほとんど得点に結び付かず、動きの少ないクォーターであった。だが結果的にはこのクォーターで大阪大が奪われることとなる3点が勝負の明暗を分けることとなった。

大阪大オフェンスは第1Q最後のプレーでWR#88 川本のリバースを選択。しかし、このプレーは相手DLに読まれ8ydsのロスとなっていた。2nd、3rd downでWR#7 羽黒へのパスによりロングゲインを試みたが失敗した。その後のシリーズでは大阪大のミスが重なり、尽く大産大ディフェンスから10ydsを奪えないでいた。対して、大阪大ディフェンスはこのクォーターでは1度のフレッシュしか許さず、前半残り1分余りになるまで、両チームともまったく攻め込めないでいた。

大産戦

そして残り1分14秒で回ってきた大阪大オフェンス。Ball onはフィールド中央、タイムアウトも残されておりオフェンスで十分に得点できる範囲であった。ここで大阪大は広いスペースにWR1枚を孤立させて、大産大ディフェンスに対してCBとの1対1を仕掛けていった。1st down、ドロップバックしたQB#11 吉田から川本へと投げられたパスは一瞬成功したかに見えたが惜しくも失敗。2nd down、同様の体型でスプリントアウトしたQB#11 吉田から再びWR#88 川本へとバスが投げられた。しかしCB#25がこのパスに鋭く反応してWRの前へと入り込み、インターセプトを喫した。

大産大は残り時間の少ない中、TB#5のパワーブラストで20yds強ボールを進めすぐさま得点圏へと入った。大産大は再三パスを投じるがそれを大阪大DB陣がすべて封じ、どうにかF.G.K.を決められるに留めた。

≪大阪大 7-16 大産大≫

【第3Q】

大産戦

9点ビハインドで迎えた後半、大阪大オフェンスは早々にQB#11 吉田がオプションランでオフタックルを抜け、そのまま最後列のSFも置き去りにし独走体制に入った。そしてハーフラインを越え、いよいよ敵陣レッドゾーンというところでディフェンスに追いつかれ、58ydsをゲインした。このチャンスにTB#4 木村が中を、同#17 森山が外を駆け抜けてエンドゾーン目前まで攻め込んだ。そして最後は再びQB#11 吉田自らボールを運びTDを決めた。

≪大阪大 14-16 大産大≫

大産戦

点を取っては取られる。この先それを続けていてはF.G.K.の分、大産大にリードを許し続けてしまうため、早いうちに1本差以内でオフェンスにボールを渡しておきたい大阪大。しかし大産大オフェンスがそうはさせてくれない。QB#4、TB#5どちらが走っても脅威となるオプションランを止めることが出来ず、じりじりと大阪大は自陣10yds以内まで攻め込まれた。自陣4ydsで1st downという状況の中でDL#47 楠田、同#49 村上、SF#5 加藤を中心に踏ん張り4th downまで大産大を追い込んだが、最後はQBスニークで押し込まれ再び点差は9点となる。

≪大阪大 14-23 大産大≫

大産戦

第3Q残り3分半。両チームともランチームであるため、残り何度攻撃権が回ってくるかわからない状況であり、大阪大オフェンスはここから全てのシリーズをTDへと繋げる必要に迫られていた。だが、Ball onは自陣12ydsと難しい状況に置かれていた。まずはFB#29 井上がダイブプレーで8ydsをゲイン。続いてQB#11 吉田からTE#12 松岡へとこの試合初のパスが成功し、松岡は32ydsをゲインした。さらにTB#4 木村がすがりつくディフェンスを引きずって16ydsをゲインし、敵陣30ydsまで攻め込んだ。しかし、ここまででオフェンスは失速。ランプレイが立て続けに3つ止められ、4th down-10ydsとなりパントを選択することに。

【第4Q】

大産戦

試合状況は切迫していた。今追加点を取られれば試合は決まってしまう。そのプレッシャーの中、SF#5 加藤がフレッシュは許したもののTB#5を1ydsで止め、続くFB#20のダイブプレーをフロントがノーゲインに抑えた。そして迎えた3rd down-longの場面、DL#49 村上がQBサックにより10ydsのロスを奪うビッグプレーを見せ、大産大オフェンスを完全にシャットアウトした。

ディフェンスから渡された絶対に逃すことが出来ないこのチャンス、オフェンスは4回生エース2人にボールを託した。TB#4 木村、WR#88 川本が期待に応え敵陣33ydsまでボールを運んだところで再びTBのランプレーを選択。オープンを走り抜ける木村の前には大産大ディフェンスが数枚残っていた。しかし、それらのタックルを真っ向から突き破り、見事3本目のTDを決めた。

≪大阪大 21-23 大産大≫

大産戦

大阪大に残された時間は7分半。おそらくは最後の正念場となる大阪大ディフェンス。対して、ここで勝負を決めたい大産大オフェンス。気迫のぶつかり合いとなった。大産大はQBのランを中心に自陣深くから一気に大阪大陣地まで攻め込んだ。要であるQB#4はSFとの両面出場をし続けているにも関わらずこの終盤でもその存在感を見せつけていた。

残り5分。1st downでILB#8 武藤が中央にブリッツし、QBサック。ロスを奪いチャンスを作り出した。ここで大産大は一度ロングゲインを奪わっているカウンターオプションを選択。SF#5 加藤がいち早く反応してQB#4にタックルを仕掛けたが、後一歩届かず8ydsのゲインを奪われる。続く3rd down-5yds。OLの踏ん張りによりFB#20のダイブプレーで5ydsを奪われ、攻撃権を与えてしまった。

大産戦

そして残り2分強となったところで、大産大オフェンスは時間を流すために40秒を目一杯使い始めた。それと同時に大阪大ベンチからはすすり泣く音が聞こえてきていた。
大阪大はどうすることも出来ず、大産大がエンドゾーン前7ydsまで攻め入ったところでタイムオーバー。大阪大は入替戦への切符を手にすることなく、2009年の秋シーズンが終了した。


名城大学に敗北してから一年。またしても入替戦の目前で夢は断たれた。

敗戦が続いた春シーズンは周囲からは今年のチームを不安視する声もあったが、秋には見事に去年以上の快進撃を見せてくれた。この一年、四回生達が作り上げてきた今年のTRIDENTSは本当に強いチームへと成長していった。それだけに彼らがこの先の舞台へと進んでいく姿を見れないのが残念でならない。
だが、この敗北の悔しさを乗り越え来年度こそはTRIDENTSが一部へと昇格していく姿を見せてくれるだろう。主将 杉本が最後のハドルで涙をこらえて下級生たちにかけた「また出直そう」という言葉を胸に、2010年一部昇格へ向けてチームは動き出している。
最後となってしまったが四回生の皆さん、本当にお疲れさまでした。

<執筆 "さ">