GameReport <観戦記>

2009年10月25日(日)大阪学院大学戦 @EXPO

学院戦

 リーグ戦も終盤を迎え、今季第四戦の相手は過去三年連続で対戦しており、一昨年には大敗を喫している大阪学院大学BLUE PHOENIX。そんな強豪との一戦を前にし、選手たちは気合十分とも緊張ともおぼつかない表情を見せていた・・・ 小雨がぱらつき、肌寒い中でのキックオフとなったこの試合。TRIDENTSは開始直後からの猛攻を見せ、観戦している我々を一気にヒートアップさせてくれた。

【第1Q】

学院戦

まずは今季ここまで3試合でわずか16失点と好調の大阪大学ディフェンスが登場。この試合でも大阪学院大学オフェンス、最初のオフェンスシリーズを5プレイで4thダウンに追い込んだ。ここで大学大はパントを蹴ってくるものと思われたが、パント体型からのギャンブルを敢行。1stダウン更新を狙ってのパスプレイを試みてきた。しかし、この奇策をいち早く察知したDL#52大家が見事パスカット。ギャンブル失敗となり攻守交替となる。

学院戦

ハーフライン付近からの攻撃という絶好の先制のチャンスを得た大阪大オフェンスはTB#4木村,#17森山遼,FB#29井上らRB陣の力強いランで順調にゲイン。QB#11吉田も自らのランに加え、要所でWR#7羽黒へのパスを通し、大学大陣深くまで到達する。ゴールラインまで残り5ydsで迎えた2ndダウン。ここで大阪大オフェンスが選択したプレイはランフェイクのパス。QB#11吉田がフリーとなったRB#29井上へ落ち着いてパスを通し、先制のTD。

≪大阪大 7-0 大学大≫

学院戦

先制点を挙げた直後のキックオフ。リバースプレイにより大きくリターンを許すものの、大学大オフェンス中にディフェンスリーダーを務めるLB#5加藤がナイスタックルを見せファンブルフォース。こぼれたボールをDB#26重良が拾い上げ、攻撃権は大阪大へ。

大学大陣41ydsで回ってきた阪大オフェンスはここでもランプレイを中心にゲインを重ね、最後はOL・WR陣のナイスブロックにも助けられQB#11吉田が26ydsを走りきりTD。瞬く間に追加点を挙げる。

≪大阪大 13-0 大学大≫

学院戦

続くディフェンスシリーズではDL#91藤井がロスタックルを連発。13ydsを残しての3rdダウンで大学大オフェンスはロングパスを狙ってきた。だが、DB#3神田、#42河本の両SFが大学大WRと競り合ってパスキャッチを許さない。のみならず、競り合いによって弾かれたボールは地面に触れることなくLB#8武藤がキャッチ。インターセプトとなり、またしても大阪大ディフェンスはターンオーバーを奪うこととなる。勢いそのままに大阪大オフェンスは直後のプレイでスイープからのリバースプレイを繰り出す。QB#11吉田→RB#4木村→WR#88川本と四回生の手から手へとボールは渡り、WR#88川本が上手くタックルをかわしながらサイドライン際を駆け上がり33ydsのTDラン。

≪大阪大 20-0 大学大≫

第1Qは奪った3つのターンオーバーを全てTDに結びつけ、オフェンス・ディフェンスともに素晴らしい滑り出しとなった。

【第2Q】

学院戦

第2Qに入っても大阪大ディフェンスは奮闘。回ってきた二度のディフェンスシリーズをともに大学大陣からのパントに追い込むと大阪大オフェンスもディフェンスの頑張りに応えるかのようにラン・パス織り交ぜた攻撃でコンスタントにゲインを重ね、大学大陣深くへ。TDには至らないまでも、キッカーも務めるRB#29井上が23yds,32ydsのFGを成功させ点差を広げていく。

≪大阪大 26-0 大学大≫

学院戦

まもなく前半終了という時間帯に入ったところで大学大オフェンスの反撃にあい、徐々に後退していく大阪大ディフェンス。だが、過去二戦とは違い、決してロングゲインは許さない。刻一刻と時間は経過していき、大阪大陣31ydsまで攻め込まれはするものの前半終了まで僅か数十秒。ここで大学大オフェンスが一気にTDを狙うべく選択したのは一度RBに渡したボールを再びQBに返してパスを投げるというフリーフリッカーパス。しかし、このトリックプレイにも大阪大DB陣は冷静な対応を見せる。エンドゾーンへ走り込む大院大WRをしっかりとカバーし、DB#22杉本将がインターセプト。大学大に得点を許さず、オフェンス・ディフェンスともに存分に見せ場を作って前半は終了。26-0と大差をつけて試合を折り返す。

【第3Q】

学院戦

このまま好調を維持するかと思われた大阪大だったが、第3Qに入ると試合展開は違った様相を呈してくる。後半最初の大阪大オフェンスシリーズでオプションプレイを試みるも、QB・RB間の息が合わずにまさかのピッチミス。ファンブルロストは免れたが、1stダウンを更新することはできず、この試合始めてのパントとなった。
悪い流れが伝染したのか、大阪大ディフェンスもいきなりのロングパスを決められると、連続してパス成功を許してしまう。LB#8武藤のQBサックによりロスを奪うも、4thダウンギャンブルで中央をランプレイで突破され1stダウン更新。

学院戦

しかし、大学大の反則による罰退もあって迎えたこのシリーズ二度目の4thダウンギャンブル。今回は大学大QBにプレッシャーを与え、パス失敗に追いやり難を逃れる。

そろそろ追加点の欲しい大阪大オフェンスはQB#9谷村からWR#88川本への36ydsパス成功で大学大陣へと進攻すると、最後は先ほどピッチミスを犯したオプションプレイ。今度はしっかりとRB#17森山遼へとボールが渡り11ydsのTDラン。

≪大阪大 32-10 大学大≫

【第4Q】

学院戦

第3Q終盤からは両チームともにディフェンスが踏ん張り、一進一退の攻防が続く。
大学大のパスプレイを中心としたオフェンスにゴール前まで攻め込まれるも、DL#47楠田のQBサックでロスを奪い無失点で切り抜けると、RB#4木村の63ydsランで一気に大学大陣へ。しかし、ここで大阪大は反則を繰り返し、計25ydsの罰退。結局、追加点をあげることができずに終わる。ここではパントカバーチームがタッチバック寸前、ゴール前2ydsでボールを押さえる好プレイを見せ、大学大の攻撃は自陣深くから。度々、大学大オフェンスにロングゲインを許すが、最後はDB#3神田がインターセプトで完封試合を締めくくった。

        学院戦

結果だけを見れば完勝と言えるかもしれない。しかし、第1Q早々に大学大が見せたパント体型からのギャンブルプレイ。もし、あの場面でギャンブルが成功していたら、どのような試合展開になっていただろうか… このような大差のつく結果にならなかったであろうことは想像に難くない。
だが、一つ言えることはギャンブルを失敗させたことで生まれたモメンタムを確実に引き寄せる勢いを、そして力を今のTRIDENTSは持っているということである。

もちろん序盤の内容が良かっただけに試合終盤の展開には不満が残る。特にピッチミスや反則といった自滅となるミスは今後の試合において確実に命取りになるだろう。きっちりと修正し、次戦の大阪産業大学戦には最高の形で試合に臨んでもらいたい。

<執筆 "さ">