GameReport <観戦記 〜軌跡〜>

2008年11月15日(土)ブロック優勝校決定戦 京都産業大学戦 @EXPO

今シーズン最高の試合をTRIDENTSは見せてくれた。

【第1Q】

試合は阪大のキックオフで始まった。京産大のリターンは最初からリバースプレイを使ってくるなど、勝利に対する姿勢が伝わってきた。しかし、ここはカバーチームのリーダー#42河本選手の判断が良くナイスタックルで止める

敵陣の25ydsから始まったディフェンスは初っ端パスを連発されてフレッシュを取られる。やはり前回の試合の様子から相手もパスを多く選択しているようだった。それに対してディフェンスは4-3隊形で守り、DL#97大家選手の惜しいタックルもでるなどランに対しては早い集まりを見せ、あまりドライブはさせずにパントに追い込んだ。

それを受けてのオフェンスは敵陣の48ydsから始まる。ダブルスロット隊形からインサイドのランとショートパスでフレッシュを獲得、その後QB#17森山選手のキープランで大きくゲインした。敵陣28ydsまでドライブしたところでRB#4木村選手が右オープンを走り、タックルされるかと思ったがカットバックを切り独走!この試合も先制点となるTDを上げた

阪大は試合を経るごとにエンジンのかかりがよくなって来ているようだ。初戦の流科大戦で見られたスロースターターな所はもはやどこにも感じられなかった。それだけ、チームが準備をし気持ちを作って来たのだろう。

【阪大 7-0 京産】

敵陣深くに蹴りこまれたキックオフで試合は再開された。ディフェンスは敵陣8ydsからとなったが、ランに対するディフェンスが非常によく、LB#8郡山選手がパスカットをするなど三本で止めた。またもや好ポジションで回ってきたオフェンスはQBサックを受けるもWR#88川本選手に15ydsのパスが通りフレッシュ、再びドライブが見られるかと思ったがQBキープのランが続けざまに止められ、敵陣30ydsからのギャンブルも失敗に終わる。

【第2Q】

ディフェンスは少しずつゲインされるも、インサイドはDL陣の奮闘によりシャットアウト、ロスタックルも出るなどロングゲインをさせない展開となった。パスに対してもブリッツを入れるなどプレッシャーを与えQBに投げさせない状況を作り出していた。2Qになり回ってきたオフェンスは自陣の36ydsからとなった。反則による罰退もあったが、その直後カウンタープレイによりまたもやRB#4木村選手が左サイドを走りきり65ydsのTDを奪った!

【阪大 14-0 京産】

ここまでは前回の対戦と同じ展開で進んできた。前半残り9:30。ディフェンスはまたもやフロントのプレシャーによってラン・パスとも思うように攻撃させなかった。ロングゲインをされるも敵の反則に助けられるなど流れは明らかに阪大に傾いてきていた。そんな中DL#49村上選手がQBサック、続いてブリッツに入ったLB#8郡山選手にもQBサックが出てパントに追い込む。

久々に自陣奥深くから始まったオフェンスだったが、プレイアクションパスでWB#89大津選手へ通すと、RB#2小木曽選手のランも決まる。その後ジリジリとドライブしていたがホールディングを取られてしまう。その罰退が響きパントとなってしまった。しかし、P#29井上選手のナイスパントにより40yds挽回する。敵陣25ydsからとなったディフェンスはフレックス隊形のオフェンスに対して再びDL#97大家選手のナイスタックルがでるなど三回のラン攻撃に対して1ydsも前進させなかった

ここで前半終了。前半はオフェンス・ディフェンス共に準備してきたことをしっかりと発揮し、試合の主導権を握るような試合展開だった。世間の戦前の予想では京産大有利と言われていただけに今シーズンの阪大の強さを再確認させられる内容だった。

【第3Q】

オフェンスから始まった後半はスプレッド隊形からのラン攻撃を繰り返すものの4th inchとなったギャンブルが獲得できず攻守交替。敵陣12ydsからとなったディフェンスはランディフェンスに徹する事になる。しかし、これをことごとく止める。相手の反則も重なり、RB#39に走られる場面はあったもののパントに追い込んだ。

自陣25ydsから再開したオフェンスは一回生QB#17森山選手を多用するも三本で止められパントとなる。お互いに辛抱の時間帯となった。今日のディフェンスは本当に見せてくれる。Pro-Iからの攻撃に対しことごとくサインが的中、相手オフェンスにプレッシャーをかけていく。LB#8郡山選手とLB#5加藤選手がQBに襲い掛かる場面も見られ、敵陣40ydsでパントとした。ここで3Q終了。

【第4Q】

4Qとなり、ここからは時間を使い勝利への試合運びをする時間帯となった。

自陣40ydsからのオフェンスはRB#4木村選手が左オープンを突き敵陣45ydsへ侵入、インサイドのランを繰り返した後の敵陣40yds 3rd down QB#11吉田選手が投げたボールはポストパターンを走りこんだWR#88川本選手へ、しかしこれを相手ディフェンスがインターフェア!敵陣25ydsへ進んだ。両TEの隊形からランを繰り返した後の4th down 今日はここまで獅子奮迅の活躍を見せていたRB#4木村選手がまたもやカウンタープレイで左のオープンを走りTDとした。サイドライン・スタンドに歓喜の声が上がった。

【阪大 21-0 京産】 4Q残り8:00

ここまで来るとスタンドの熱気も最高潮に達し、阪大の勝利が大きく見えてきた。しかし前回の対戦ではここから相手にドライブを許し、同点にされてしまっている。残り時間をどう消費するか、それだけだ。しかし、敵陣30ydsからとなったディフェンスはダブルスロット隊形からパスを連続して決められ自陣の42ydsまでドライブされる。ここで、SEへのスクリーンを決められ自陣26ydsへ。この試合二回目DL#49村上選手のQBサックなど出るも再びRB#21へスクリーンを通されると2分弱のオフェンスでTDを奪われてしまう。いやな空気がサイドライン・スタンドに漂う。しかしTFPを京産大が失敗する。

【阪大 21-6 京産】 4Q残り6:09

オンサイドキックは#3神田選手が押さえる。敵陣44ydsからのオフェンスは時間を使おうとするが、ことごとくランを止められ三本でパントとなる。こうなると再びディフェンスに試練が課せられる。敵陣16ydsからまたもやパスを通されていく、不運な反則もあり、4th downとなった敵陣20ydsからのショートパス。CB#26重良選手が判断良くすばやくタックルに行くもタックルミス!そのままRACを許し45ydsのゲインをされてしまう。自陣35ydsからの辛抱のspan class="good">ディフェンスは何とか自陣の13ydsで踏みとどまる。

4Q残り5:15 京産大TO2

これに対し今度はオフェンスが応えて欲しいところだったがまたもやランが出ない、再び三本で止められパントへ。

最後のディフェンスになるであろう自陣42ydsからのディフェンス。今シーズンで一番長く感じた。パスと分かっていても止められない。自陣8ydsまで侵入されてしまう。「もう一本取られるのか?」そう思った次の瞬間、先ほどタックルミスでロングゲインを許したCB#26重良選手が勝利を引き寄せる名誉挽回のインターセプト!!ここまでの試合リターナーとしてもDBとしても活躍していた一回生が最後の最後で見せてくれた。

残り時間1:30でボールはオフェンスへ自陣3ydsから三回ダイブを繰り返した。

時間は残り3秒

「 3 」「 2 」「 1 」スタンドにカウントダウンが響いた。大阪大がDiv.U−Bの代表校に決定した瞬間だった。

チームの合併から一年、2部優勝までこぎつけたTRIDENTSの諸君、君たちは強い、おめでとう!

さあ次は前回の対戦では惜敗した東海代表「名城大学」と入れ替え戦出場校の座を争っての決戦となる。ここまで成長し続けてきたTRIDENTSの諸君ならば必ずや勝利を収めてくれると信じている。

あと2試合、最高のアメフトシーズンにして欲しい。

<執筆 スタンドより”い”>