幹部挨拶


監督:安田 敏史

日頃より温かいご支援、ご声援を賜りまして誠にありがとうございます。
2021年度はスローガンを「Beyond the Limits」とし、自分達が無意識的に構築してきた「常識」を見直し、決して現状に満足せず、自らの殻を破り成長し続ける愚直なチームに生まれ変わることを目指した1年間でした。
前年同様、新型コロナウイルス感染症の影響により合宿を始めとするさまざまな活動に制限が課せられたものの、選手・スタッフ・コーチはそれを言い訳にせず自分達の新しい形を模索してくれたと思います。その成果は残念ながら単年度で実を結ぶものではありませんでしたが、スローガンが変わった今年においても、残された後輩達がその姿勢を引き継ぎ、目標達成という目に見える形で成し遂げてくれると信じてやみません。また、引退した4回生を含む我々コーチ陣は、選手・スタッフがその歓喜の日を迎えられるよう、持てる力を惜しみなく注ぐ所存です。
今年のスローガンは「Believe」です。自分達の常識を疑いながら変革し続ける自分達のその取り組みを信じ、仲間を信じ、努力には結果がついてくることを信じ、日々邁進してまいります。本年も引き続きTRIDENTSにご支援、ご声援を賜りますようお願い申し上げます。


ヘッドコーチ:池田 宗史

平素よりTRIDENTSに多大なるご支援、ご声援を頂きありがとうございます。
一部昇格を達成するため、常に自分の中の常識を疑い、毎日限界を更新し続けるチームを目指した2021年度。新型コロナウイルス感染拡大により部活動に様々な影響が出る中で、誰一人言い訳をすることなく与えられた環境の中で常に最大限の努力をし、本気で一部昇格を目指してフットボールに取り組んでいました。チームとして目標を達成することはできませんでしたが、旧4回生を中心にチームの雰囲気・文化を大きく変えてくれた素晴らしいチームであったと感じています。
さて、本年度のチームのスローガンは「Believe」です。自分のやってきたこと、チームの仲間、そして一部昇格の達成を強く信じ抜くチームを作ります。本気でこれらを信じ抜くためには、これまでと同じことをやっていては不十分です。各部員が当事者意識を持ち、これまでのチームの常識を疑い、毎日自分の限界を更新し続け、さらにチームのことを徹底的に考えることで初めて「信じる」ことができると考えています。そして私たちコーチも部員の一部昇格への強い思いを信じ、部員とのコミュニーションを大切にしながら最大限のサポートを行っていく所存であります。
本年におきましても、引き続き変わらぬご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします。


主将:佐々木 啓介

今年度主将を務める佐々木啓介です。
目標は「一部昇格」です。"オレがやる"という精神を全員が持ち、チームの勝利のために一人一人が本気で行動し続けた先に、「自分、仲間、そして勝利を信じ抜く」チームが生まれ、目標を達成できると考えます。
今年のスローガンである「Believe」にはそんな想いが込められています。口だけのチーム、そんなチームには絶対なりません。どれだけしんどかろうが、折れそうになろうが、隣には同じように頑張っている仲間がいます。互いを信じ鼓舞し合い、高めあった結果、勝利を掴みとることができるはずです。自分を筆頭に、全員が「オレがやる」を体現し、「Believe」なチームを作り上げ目標を達成します。
今年一年全力で取り組み続けます。
応援よろしくお願い致します。